読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以前よりかはきちんと眠れるようになってきた。

身体動かしてるのもあるかもしれない。

 

たまに、このまま忘れていけそうな気がするときがある。

そうすれば楽だけど、悲しい。

僕が彼女を忘れてしまうということは、彼女も僕を忘れていくということだという気がする。

(もう既に忘れてしまっているかもしれない)

なので、僕はそんなとき引っ張り戻そうとする。

そうすると眠れなくなる。

 

シーツ等の洗濯を進めていって、だんだん匂いもなくなってきたのも、

忘れられそうな原因かもしれない。

昨晩は彼女の匂いより、日の匂いの方が強くなってしまったシーツに

「あー、いってしまう」と焦り、

唯一まだ洗っていないシーツに倒れ込んで顔を埋めた。

 

彼女との愛しい時間のことはなるべく考えないようにしている。

思い出しても戻ってこないし、ただつらくなるだけだから。

そんな時間もあったんだと思うと、一瞬甘い気持ちになる。

その後、ドーっと雪崩みたいに悲しさが押し寄せる。

 

昨日まではとにかく部屋にいたくなくて、用事を作って外に出かけていた。

けど、そろそろ家で落ち着けるようになりたいし、

今日は部屋で絵と手紙を描いて過ごそうと思う。

 

明日には一つ年をとってしまうので、その前に一枚最後の絵を描いておきたいという気持ちが強い。