先週の金曜に彼女は出て行った。

出て行ってからは、なんだか吹っ切れて、今まで自分を包んでいたものがなくなって、

本当に砂の城に住んでたような感じ。思い出すのを避けているのか、もうどんな感覚だったかもはっきり思い出せない。

とは言ってもふとした瞬間に思い出してしまったりするんだけど。

今日は涼しい。9月だし夏も終わるんだろうか。

生活を変えるために引っ越すんだけど、今景色の良い広い部屋で一人で過ごすのも悪くない感じ。限りがあるからそう思うだけかも。

取り敢えずあと二週間で東京に引っ越します。

自分が今何を持っているのかわからない。

彼女も彼女も僕のことは気にしていない。

昨日はHさんに会って最近あった色々のことを話した。

話しながら、自分も割ともう既に吹っ切れてることに気づいた。

ドライですね、と言われた。自分ならその男のことを一回呼び出すけどと言われて、

一瞬そのことを考えたけど、なんかあんまり意味ないというか、

何か自分自身の中では変わるのかもしれないけど、状況に関しては何も変わらないだろうなという気がする。

嘗められてるなら腹立つけど、まあ知らねえやって感じ。

 

自分がナイスになろうとしてる感じあるけど、あんまり行きすぎても気味悪いし、適当にしとこう。元気に生きたいし。

他は先日みたMark Fisherの話したり、個人主義さの良くなさとかカテゴリでものを見るつまらなさの話をした。共闘か。

かなり酔ってたと思う。昼過ぎまで酒が残っていた。なのに、今もう飲んでる。

 

なんかでも振り返ると、やっぱり幸せな気持ちでなんか過ごしていなかったかもという気もしてきた。思い込もうとしてるのかわからないけど。自分思ったほど弱くないのかも。

なんか色々がっかりだよ。でも、人をジャッジしすぎるのよそう。自分もクソだし。

 

帰る前にフランスの子のことも話して、変な空気にしてしまい申し訳なかった。

誰にも何も言えないようなことだし、自分も本心何を思ってるかわからない。

まあ、でももう別に彼女を少しでも幸せにできるなら何でもいいやって思った、今日。

彼女は向こうに確かに存在してるし、何か良いように作用するならそれだけで何かだと思う。

 

彼女が引っ越すまであと一週間になった。その時にどんな気持ちになるかはあんまり想像できないし、考えたくない。

今の気持ちとしてはもう終わったなあって感じです。

昨日はHさんに会って最近あった色々のことを話した。

話しながら、自分も割ともう既に吹っ切れてることに気づいた。

ドライですね、と言われた。自分ならその男のことを一回呼び出すけどと言われて、

一瞬そのことを考えたけど、なんかあんまり意味ないというか、

何か自分自身の中では変わるのかもしれないけど、状況に関しては何も変わらないだろうなという気がする。

嘗められてるなら腹立つけど、まあ知らねえやって感じ。

 

自分がナイスになろうとしてる感じあるけど、あんまり行きすぎても気味悪いし、適当にしとこう。元気に生きたいし。

他は先日みたMark Fisherの話したり、個人主義さの良くなさとかカテゴリでものを見るつまらなさの話をした。共闘か。

なんかでも振り返ると、やっぱり幸せな気持ちでなんか過ごしていなかったかもという気もしてきた。思い込もうとしてるのかわからないけど。自分思ったほど弱くないのかも。

なんか色々がっかりだよ。でも、人をジャッジしすぎるのよそう。自分もクソだし。

 

帰る前にフランスの子のことも話して、変な空気にしてしまい申し訳なかった。

誰にも何も言えないようなことだし、自分も本心何を思ってるかわからない。

まあ、でももう別に彼女を少しでも幸せにできるなら何でもいいやって思った、今日。

彼女は向こうに確かに存在してるし、何か良いように作用するならそれだけで何かだと思う。

 

彼女が引っ越すまであと一週間になった。その時にどんな気持ちになるかはあんまり想像できないし、考えたくない。

今の気持ちとしてはもう終わったなあって感じです。

あれから、色々話をしてみて、色々起こっていたことを知った。

彼女はもう他の誰かを好きらしい。

自分自身がこんなに彼女を愛していたと、もっと早く気づいていれば、

二人で楽しく過ごせていたのかなと思うと辛い。

今も、何も連絡が来ないまま二人分の暗い気持ちで二人分の料理を作ったけど、

彼女は多分今頃楽しくデートしている。

昨日は無理をして、幸せになって欲しいので気にせずに楽しんでと伝えた。

もちろんそんなこと望んでないです。

今朝になって、本音を伝えたけど、やはり終わりにして他の男の人のことも知りたいらしい。

自分の優柔不断と、今までしてきたクソな行為のせいなので仕方ない。

昨日、手紙を渡して吹っ切れたような気分になってたけどやっぱり夜が来るたび辛いです。

今日は彼女に渡しそびれた誕生日プレゼントを買いに行ったけど、こんなことなら渡しても気味が悪いだけだろう。。

-

S君の本のために寄稿文を書いた。

完全に今の自分の状況のことを絡めて書いたので、エゴの強い内容になってしまったけど、彼が心から頼んで良かったと思うと言ってくれて、嬉しい。

僕も書きながら泣きそうになってしまった。あれ以来涙脆い。

-

まだ期待を持っている。彼女はまるで他人みたいに変わってしまったのに。

2年一緒に住んでいた彼女と別々に住み、別れることになった。

住み始めた当初から、一緒に住んでいけるのかと悩み続け、

その間に色々とひどいことをしてしまい、傷つけ、でも許してもらって

よくわからない状態のまま今まで一緒にいた。

無い物ねだりで、一緒に住んでいた時は一人になりたいと思っていたけど、

一人の暮らしなんて絶望的に思える。

全部自分のせい。

決まったことなのに、まだこれでいいのだろうかと悩み続けていて、

今朝それを伝え、彼女の心はもう決まっていると聞いた。

一人になる寂しさや、状況が変わってしまった悲しさ、自分が今まで彼女にしてきたことを考えると、全部灰色の様な気分になってしまい、

謝りながら泣いてしまった。

自分の思っていることは勝手に伝わっている様な気になって、正直に接することもできていなかったんだけど、

今日は自分の思っていたことを思いつく限りに伝えた。

現実的な気分で生きるのなんて嫌だと拒否していて、生活に現実味が出ていることに対しても不満を感じていて、夢に戻りたいと思っていたのに、

多分、結局ずっと夢の中にい続けていて、こう言う状況もまたその夢の一部の様な感じがしている。

ある程度は受け入れている感じだけど、また引越しの日に一気に悲しくなるんだと想像できる。あと2週間くらい。

最初彼女に会ったときに、東京に染まっていなくて純粋でいいなと思い、この人となら自分も「まとも」な人間になれるかもと思って、一緒にいようと思った。

けど、結局最後までまともになんかなりたくないという気持ちが離れず、彼女を完全に受け入れることを拒否しながら、一緒にいて、

こうなったときに妥協とか譲り合いみたいなのが必要だったんだと悲しくなる。。

僕は彼女ほど優しくて思いやりのある人に会ったことはない。

もう34、歳をとったしいつまでも少年の様なことを言っていられないと思う。

どこかで諦めなきゃいけない部分があるというか、それ以上に何より、やはり一人でいたくないなら自己中心的なところを抑えて、思いやりが自然とできなければダメだと思う。

落ち込んでいるので、また日記書く日が増えるかな。引越しの日を思うと辛い。いつまでも先延ばしにしたい。

東京にいるのが嫌で一度離れたけど、こんなところに一人で住むのは寂しすぎるので

結局また9月から東京に戻る。

彼女には甘え続けていた。自分がダメになっても彼女が支え続けてくれると、甘え続けていた。

少なくとも前より正直に、感情を表現できる様になった。

結局毎回、自分は終わるものだと思って、自ら終わりの方向に持っていこうとしている様な気がする。

そんなことより、自分が大切な人をたくさん傷つけてしまったことが本当に悲しい。また泣いてる。

 

結局、状況をそのままにしていると色々失う。誠実さや人間性を取り戻さないと。

2年一緒に住んでいた彼女と別々に住み、別れることになった。

住み始めた当初から、一緒に住んでいけるのかと悩み続け、

その間に色々とひどいことをしてしまい、傷つけ、でも許してもらって

よくわからない状態のまま今まで一緒にいた。

無い物ねだりで、一緒に住んでいた時は一人になりたいと思っていたけど、

一人の暮らしなんて絶望的に思える。

全部自分のせい。

決まったことなのに、まだこれでいいのだろうかと悩み続けていて、

今朝それを伝え、彼女の心はもう決まっていると聞いた。

一人になる寂しさや、状況が変わってしまった悲しさ、自分が今まで彼女にしてきたことを考えると、全部灰色の様な気分になってしまい、

謝りながら泣いてしまった。

自分の思っていることは勝手に伝わっている様な気になって、正直に接することもできていなかったんだけど、

今日は自分の思っていたことを思いつく限りに伝えた。

現実的な気分で生きるのなんて嫌だと拒否していて、生活に現実味が出ていることに対しても不満を感じていて、夢に戻りたいと思っていたのに、

多分、結局ずっと夢の中にい続けていて、こう言う状況もまたその夢の一部の様な感じがしている。

ある程度は受け入れている感じだけど、また引越しの日に一気に悲しくなるんだと想像できる。あと2週間くらい。

最初彼女に会ったときに、東京に染まっていなくて純粋でいいなと思い、この人となら自分も「まとも」な人間になれるかもと思って、一緒にいようと思った。

けど、結局最後までまともになんかなりたくないという気持ちが離れず、彼女を完全に受け入れることを拒否しながら、一緒にいて、

こうなったときに妥協とか譲り合いみたいなのが必要だったんだと悲しくなる。。

僕は彼女ほど優しくて思いやりのある人に会ったことはない。

もう34、歳をとったしいつまでも少年の様なことを言っていられないと思う。

どこかで諦めなきゃいけない部分があるというか、それ以上に何より、やはり一人でいたくないなら自己中心的なところを抑えて、思いやりが自然とできなければダメだと思う。

落ち込んでいるので、また日記書く日が増えるかな。引越しの日を思うと辛い。いつまでも先延ばしにしたい。

東京にいるのが嫌で一度離れたけど、こんなところに一人で住むのは寂しすぎるので

結局また9月から東京に戻る。

彼女には甘え続けていた。自分がダメになっても彼女が支え続けてくれると、甘え続けていた。

少なくとも前より正直に、感情を表現できる様になった。

結局毎回、自分は終わるものだと思って、自ら終わりの方向に持っていこうとしている様な気がする。

そんなことより、自分が大切な人をたくさん傷つけてしまったことが本当に悲しい。また泣いてる。

描くことも特にないんだけど、取り合えず生きてます。

34歳。

絵が相変わらず、描けていない。スケッチブックに向かっても、何もアイデアが出てこず、その状況に対しての焦りと、描けなさからの自分の無意味さみたいなので多分結構落ち込んでる状態。

コロナのせいもあって、ほとんど家で過ごす生活が続いていて、もちろんそうなると何も感じないまま生きている様なものなので、何も出てこない。心が死に過ぎている。

多分平和的な生活は手に入れたんだけど、果たしてこれが幸せかといったら、全然そうは思えない。とか言いながら、失ったときにはあの時は幸せだったとかってほざきそうだけど。

そんなこんなで昨日はHさんに会った。同居人以外と会って話をするのは久しぶりだったので、脳が疲れた。瞬きもかなり高速になっていたと思う。

帰り際、本に対するフェティッシュの話をしていて、厚みの話をしていたときに、その辺りで客引きをしていたガールズバーの女の子二人がそれにかぶせて、「人生の厚みありますよ」的な、何て言ったか詳しくは覚えてないけど、なんかその繋がりが面白かった。狭いとこから、外に何かが連鎖した瞬間というか。。

もっと、世の中の決めた善悪とか無視して、欲を抑えたりしないでいいんじゃないかという様な話にもなったけど、そもそも今自分が何かしらの欲を持っているのかもわからない。

欲のない人生なんてめちゃくちゃ退屈で最低だと思った。。禁欲っていうのは創造性を殺す、身勝手な快楽でしかないと思う。

色々取り戻していきたい。