読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まあ、僕にとっては特別なことだったけど、

彼女にとっては全然大したことなんかではなかったのかもしれないな。

 

なのに、僕だけこんなに考えて思ってる。

馬鹿馬鹿しい。

 

全部過ぎ去った。

なのに、こうやって記憶の中だけでも繋ぎ止めようとするのは何故なんだろうか。

まだきっと、少し期待があるんだろうな。