微睡みの中で紡いだ言葉も、覚醒の中でするするとほどけていった。

詩がばらばらの糸くずになった。