読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の夏はすっかり記憶の中にあると感じている。

 

僕はまた夏の中にいながら、記憶の中の夏に、夏を見いだしている。

 

思い出の夏に生きながら、現実にそれに照合するような景色がたちのぼるとき、僕はたまらない気持ちになる。

夏がずっと続けば良いと思う。

そんなとき、自分を蝉みたいだと思う。

 

永遠の夏休みを求めているのかもしれない。

 

14の夏休みに部屋にこもって、デジモンのVHSを延々見続けたときの

切なさが今も自分の中にある。

それは放っておくとどんどん薄れていくのだけど、

(それは大人になるための過程なのかな?と思うときもある)

僕はそれを掴んで離したくない。

デジモンの見せた風景を手放したとき、

それまでずっとひきずってきた、ただの虚無感に

また取り残されてしまうような気がするから。

 

昨日、8月1日は太一たちがデジタルワールドに旅立った日で、

そんな日にお台場に行く、ということを初めてしてみた。

 

デジモンのことを思っていた風景は、自分の中だけのものと思っていたので

そこに他のファンが集まっているのや、コスプレイヤーの姿を見て

そこに現実をみて、とても寂しい気持ちになってしまった。

僕の見ていた風景はやっぱりなかったのか、と感じた。

 

 

(ここまで8月2日に記した文章です)