読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出そうとしてるからか、夢をみた。

どういう形かはわからないけど、とにかく再会してこれからまたスタートしようというような雰囲気だった。

 

「僕は今日台湾の映画を見て、中華を食べたんだけど

そのときにも、やっぱりAちゃんのことを思い出してばかりだったよ」みたいなことを告げて安心している夢だった。

起きたら夢だった。

寝起きは夢のテンションを引きずっているか、大抵卑屈になってしまう。

また少し話しかけてみたくなったけど抑えた。

僕はあれからまだ何もしていない。

 

Aが今何しているのかも想像できない。