読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか、急に馬鹿馬鹿しくなっちゃってさ、

いや、真相は分からないけど。

後から見返して、クソみたいな気持ちになりたくないから

書かないけど、多分結局他の人が好きなんだろうな。

とか言いながら、今も写真見ちゃったりして、

ああくそ、まだ好きなのに、とかいう変な気持ちになったり、

少し思い出しそうになったり。

けど、そういう時間かなり減ってきてるし、

気持ちもそこから離れてきてるから、随分マシになったか。

僕もね、かっこいい男になりたかったよ、チクショウ。

 

まだわからないけど、結局このまま何も起きなかったかのような気になって、

それぞれただ忘れていくだけのような気がするよ。

それに、このことがきっかけで色々気づけたことが本当に大きかったし、

彼女にはそれでも感謝してるよ。

愛だって、一瞬でも感じられて、その間は幸せだったよ。

その分、別れはつらいなあ!

春の別れはつらい。

 

今日は面接行った後に、六本木に五木田さんの展示を観に行った。

最初、ギャラリーの場所が移転していて辿り着けず、

どこかの商業施設の前で立ち止まってiPhoneでマップを見ていたのだけど、

無意識に涙が出てきてしまって、スクリーンの上に涙の雫が一滴落ちた。

ああクソ、泣いちゃってるよって思った。

 

その後、無事ギャラリーは見つけた。

展示、事前にSさんに少し話を聞いていたし、期待は大きかった。

その期待を更に超える内容の展示で、本当にあの瞬間、ただただ美しいものを見るのが幸せだった。

そんな中、Aちゃんと一緒に見に来れたら、Aちゃんはどう思ったんだろうとか

かっこいいから教えてあげたいな、とか思った自分が、もう悲しくて惨めだった。

五木田さんの黒は、光を全部吸い込んでしまうような黒で、

その黒をじっと見つめていると、そういう気持ちは落ち着いた。

勝手な話、その黒に自分のそういうものを沈めてきたような感覚さえある。

 

最近Oさんに聞いた、最強のレスラーの話を思い出した。

真相はわからないけど、頭にあるイメージがこんなに自在に描けたら

もう楽しくてしょうがないだろうなと、勝手に想像した。

 

帰り、もう自分もとにかく辿り着くために絵に集中するしかない、

お前やお前のその彼には描けないような、クソ美しいものを作ってやるという気持ちで、

勇んで歩いていた。

昨日も行った画材屋で更に画材を買い込んで帰ってきた。

 

YouTubeでキャンバスの貼り方のビデオを見ていると、面接先から電話がかかってきて、採用が決まった。

けど、嬉しさは感じなくて、ただ不安だった。

ほとんど1年くらい、ずっと家にいて、外で働いていなかったので、

急に週5日とか働いたらどうなるのかわからない。

制作の時間を作るのが大変になりそうなのと、遊びができなくなりそうなのが嫌だ。

耐えられなければすぐにやめるつもりだけど!

 

とりあえず今決まってる展示には、遺作というか命懸けるような気持ちで取り組むつもりなので、

それは譲りたくないし本気でしたい。

なんで、そう思うかって、あの子に捧げたいとか見てもらいたいって気持ちが根底にあるような気がするんだけど。

まあ、もうその頃にはきっと何も届かなくなってると思うな。

けど、関係ないよ、やるよ。

 

だって、何もしないと何も起きないしな!

クソ美しいものを作ってやる。