読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女と出会う前、ラインでやりとりしてるだけのときはよく彼女の夢をみた。

 

会ってからは、一度も彼女の夢を見ていないような気がする。

こんな風になってしまってからも。

 

今朝は、人の良い女性編集者から漫画の仕事をもらっていて、

それどうしますかというやりとりを電話で、どこかのエレベーターの中でしている夢だった。