読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女は一人になりたいと言っていた。

確かにこの2ヶ月は嵐のようだったし、

そのスピードに追いつけなくて、僕はいまだに何が起きたのかはっきりわかっていない。

感覚だけが余韻として残っていて、自分はそれを必死に抱きかかえている感じだ。

 

自分もしばらく一人でゆっくりした方が良さそうだと思った。