読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武士のような人、たちと食事をした。

目と心、刀を持っている。

着地点の話が面白かった。

着地点が見えない人、自分もそのタイプだと思って、今までの自己不信さがあっさりと納得のいった。

合う道、合わない道がある、多分。

着地点の見えないまま、自分でもよくわからない感覚を追い続ける、抽象的、やはり幽霊のように漂う。しかし気配は今は濃い。

/

それにしても自分のことを話さなかった。

それは謙遜や遠慮じゃなく、自分への自信の無さからか、それならば相手に失礼だと帰ってから思った。

生きてる時間が違う、僕は僕の話を愚かでもするべきだった。

僕はまたもらってばかりになってしまった。

/

先日の絵のことが、他の人の心の中で未だ生きているのは嬉しかった。

念を込めて描いた。エゴ剥き出しで。

確かに自分そのものだった。それを人に好かれるのは幸せなことだと感じた。

描いている間はとてもつらかった。

これを描ききったらもう余生、死んでしまいたいとも思っていた。

終えてみて、今そんな感覚は気持ちいいほど晴れ、吹き飛んでしまった。

何か確かに自分が変わることを成し遂げた、ということなのかもしれない。

ようやく刀を得た、そんな気持ちなのでこれから勝負、頑張らなくてはならない。

そうしなければ、僕を見てくれている人に対して、失礼だ。

誤摩化しは最低だ。

僕は自分のための他、僕の好きな人のためにも生きたい。

そういう人らに、渾身で捧げたいのです。