読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け抜ける夢をみた。

 

スタート地点はきっと高校だったと思う。当時のクラスメイトがたくさん出てきた。

しかし、僕は幽霊のように彼らと交わることはなかった。

 

途中、大きなショッピングモール、地下鉄の駅を通りぬけ、

ゴール地点は海だった!

海では無数の打ち上げ花火があがっていた。

 

ゴール地点では恋人がいて、また売店かなにかで叱られる夢だった。

 

走り抜け、色々な人を追い越していくのは気持ちがよかった。

 

順位のことは気にしていなかった。

自分で思っていたより、ずっと早く走れることに驚き、人々を抜けることに驚き、

ただ走りきっただけだった。

そうしてゴール地点では、無数の花火と恋人のことだけしか関係なかった。