悲しみが心の底にしっかりと刺さった。