読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅雨がきて、部屋から雨眺めてる。

そうしてまた、昨年のこと、思い出してる。

 

梅雨が去るともう夏がくるんだな。

夏には蝉の声がシャワーみたいに降り注ぐ。

 

木の影が濃くなって、ゆらゆら揺らいで、それが水中みたい。

 

光が強くて、黄色い花なんかは、白く飛ぶ。

 

アスファルトからは、ゆらゆらと生きた熱が立ちのぼる。

 

クーラーの匂いが部屋に満ちる。

 

夏のこと考えてる今が一番夏らしい気持ちになれる。

って毎年この季節になると思っている。

 

女生徒、読んでいる。

『ほんとうに私は、どれが本当の自分だかわからない。』