悲劇ぶっているのをアイデンティティとしている人間になりたくない。

悲しみをわざわざ発言する人間になりたくない。

 

良い方をみていたいし、良いことがあった方が当然良い。