錯覚がわかって傷心して、

傷心が詩情を醸し出して、

僕はもうどうしようもないです。

もう、どうしようもないのです。