読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の光が綺麗だった。

去る夏の中に、追いかけていた夏を感じて変なせつなさだった。

変なせつなさの中で、よくわからないこと考えていて、

よくわからなくなった。

よくわからなさは不安さでもある。

よくわからなさの中で出てくる言葉は、よくわからないもので

それを曖昧に伝えてしまい、後悔してしまう。

それで、womanで「あなたと暮らしているのは、毎日毎日ちょっと汚れたコップで水を飲んでいるみたいだった」っていう台詞があって、そのことを思い出した。

 

部屋片付けても整理できないことがある。。

僕たちは不安さの中で、それでも漠然と前へ進んでいたい…。